FC2ブログ

コルマカレー @ デリー 上野店

コルマカレーと、ラサム(トマトスープ)をいただきました。それぞれ、¥1000と、¥500でした。

201805201725006fa.jpeg

久しぶりに、デリーに来ました。並んでまでも食べたいわけじゃないですが、今日は、余裕があったので、入店まで行列待ちでした。
11:50から並び始めました。お店横の路地に並んでましたが、ふと横を向くと、
ほおばる幸せ、富山米 コシヒカリの袋が、お店の裏口に置いてありました。
並んでなかったら、スルーしてたところ。

20180520172504449.jpeg

路地なんで、ビル風が強かったです。今日は、雲のない、よく晴れた日でしたが、空気が乾いて清々しい感じで、並んで待つには助かりました。待ち時間は長かった?わけですが、お腹が徐々に空いて行く感じで丁度良かったです。
12:30ごろに入店してカウンター席に座りました。

20180520172503e6b.jpeg

前回は、カシミールカレーだったので、今日は、パキスタン風のコルマカレーをいただきました。コクがあるとメニューに紹介されています。

待ち時間が長いので、ウィキでコルマを調べてみました。諸説ありますの、パターンかもしれません。

コルマ(英語:korma[1], ウルドゥー語: کورمہ‎, ヒンディー語:कोरम, トルコ語: Kavurma)はインド料理の一種[2]。ダヒ(ヨーグルト)、生クリーム、ナッツ類のペースト等をベースに作られるマイルドでクリーミーなコルマが最もよく知られている[2]。ベジタリアン用と非ベジタリアン用のコルマがある。
インドのカシミール地方とアフガニスタンのコルマ

インドのカシミール地方とアフガニスタンのコルマは、野菜と肉、豆類を煮込んだ様々な料理の総称である。アフガニスタンでは果物やチャナ・ダルを肉と煮込むこともあり、肉が入らないこともある。いずれも白いピラフ(アフガニスタンではチャラウと呼ぶ)にかけて食べる。

クリーミーなコルマの起源は北インドのムガル料理である[2]。クリーミーさとなめらかさを特徴とするこのペルシャ=インド料理の歴史は、ムガル帝国が北西インドおよび現在のパキスタンとバングラデシュに侵攻した16世紀に遡ることが出来る。

今日は更にラサムと言うトマトスープも、注文してしまいました。インドで食べたトマトスープがとても美味しかったことを思い出したからです。さて、ここのはおいしいのか?トライです。

201805201725050a5.jpeg

先ずは、ラサムが出されました。見た目だけですが、インドで食べたそれとは全く違いました。
トマトスープは、かなり胡椒が効いて辛かった。

201805201728026a4.jpeg

マッシュルームとタマネギが具として入ってます。

20180520172757c35.jpeg

さて、コルマカレーが出て参りました。

20180520172759743.jpeg

色目は、黒に近いです。インパクトがあります。

20180520172801b87.jpeg

早速ライスにかけます。

201805201727591fe.jpeg

黒い部分は、どうやら野菜を煮込んだような食感でした。柔らかく煮過ぎたほうれん草のような!

20180520174130114.jpeg

独特なルーの他、基本はチキンカレーです。大きな、しかも柔らかく煮たチキンが数個入ってました。
写真はスプーンで食べやすくするため、小さくカットしましたが、出てきた時は大きな塊です。

20180520174124481.jpeg

更に、チキンと間違えそうだったじゃがいもも。

2018052017412681c.jpeg

トッピングは、デリーならではの、玉ねぎとキュウリ。
とても美味しいカレーでした。
カシミールよりは、と言うかほんの少しだけ辛くはなかったものの、濃くがあって、うまかった。これは病みつきになるかも。
でも、一番辛かったのは、トマトスープのラサムでした。
ラサムが原因で汗ビッショリ!
うまかった。

201805201741290af.jpeg

食べ終わって出て来ましたが、行列は続いていました。
納得。

ご馳走様でした。

★⒋05


にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

おだんご

・・・腹が前に出た。

プロフィール

おだんご

Author:おだんご
・・・腹が前に出た。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム